EX

2013年3月17日日曜日

【部品】Radio Chip TA2003P : Part-1


AM/FM Radio Chip : TA2003P
 自作向きAMラジオのチップと言えばLA1600があまりにもポピュラーだ。 AMラジオのIC化はかなり早くから進んだので、過去には色々なAMラジオ用のICが登場していた。しかし今はあまり残っていない。LA1600も生産終了したと言う。 そこで、AM/SSB/CWモードと言ったAM系の受信機製作にAM/FMラジオ・チップのAM部を使うのも選択肢の一つになってきた。

 TA2003Pはもともと東芝が開発したチップである。既に製造は終了しているが写真のようなセカンドソースが手に入る。 FM/AMと言うこともあって、AM専門のLA1600よりやや高めだが、それでも100円少々で売られている。だからFM部を使わなくてもそれほど損とも思わないだろう。(入手先:aitendo e-エレなど)

 TA2003Pの特徴を言えば、省部品と無調整化に徹したラジオ・チップと言うことだ。 AMもFMも正規のスーパー・ヘテロダイン形式である。従って、トラッキング調整だけは不可欠だが、セラミック・フィルタを使えばIFTは要らない設計なのでIF部の調整は一切必要ない。 FMモードもセラミック・ディスクリを使えばIF部は無調整化できる。 なおAM部は中波帯MWバンドだけでなく、短波帯も行ける。メーカーの参考資料には22MHzまで受信する短波付きラジオの例が記載されている。

TA2003Pの内部ブロック・ダイヤグラム
 残念ながら、SSBやCWモードは考慮されていないチップだ。 しかし、少し工夫してみたいと思っている。 455kHzのIFフィルタもAM用なら一般的なセラフィルが直結できる。しかしCW/SSB用の『世羅多フィルタ』はインピーダンス・ミスマッチなので変換トランスが要るのはしかたあるまい。

 FMラジオの機能は50MHzバンド受信機のようなFMモード付きには使えるかもしれない。 但しFM部分にはあまり興味はないのでAMラジオの部分に特化して検討を進めてみたいと思っている。 旨くすればコンパクトで高性能な組み込み用の『受信部』を構成できるのではないか。 メーカーの資料によれば短波帯も意外に高感度である。 共振した外部アンテナを使うのが前提の我々HAM用にはこのチップ単体で十分な感度が得られそうだ。もしGain不足でも2SK241etcのRFアンプで補えば良い。(但し,それはあまりやりたくない。低電圧、省電流のチップなのでRFアンプを付加すれば多信号特性は劣化する)

                 ☆ ☆ ☆

 ラジオ初心者にはスーパー・ヘテロダインの理解は未だ難しいのだろう。せっかくのLA1600をストレートラジオで使う例もあるようだ。 このBlogにあるLA1600の記事に「LA1600」と「ストレートラジオ」と言ったキーワード検索で辿り着くお方も多い。 もちろん、ここにそうした使い方は存在しないので検索ミス・ヒットである。(笑)

 TA2003Pをストレート形式で使うことも可能かもしれないが、やはりスーパー・ヘテロダインで使うのが本筋に違いない。 使用する2連バリコンを決めてしまえばトラッキング回路の設計もそれほど難しくはない。 特に中波帯MW専用にはトラッキングレス・バリコンを使うのがお薦めだ。使うバリコンが決まればアンテナコイルと局発コイルも一義的に決まってしまう。更にTA2003PはIF=455kHzのセラミック・フィルタ直結なので無調整に出来ているからトラッキング調整も簡単だ。 初心者向けの内容は意図していないのだが、そのあたりもPart-2では触れるかもしれない。 de JA9TTT/1

                  −・・・−

参考追記:TA2003については2001年頃と、2005年頃に話題になったことがあるようだ。(JG1EAD仙波さんの自作プラーザ、他による)これはそのころ売られていたダイソーの300円ラジオに使われていたからだ。 ラジオとしての探求もあったらしいが、HAM用の活用を見出そうとしたようであった。しかし、その後は立ち消えになった模様。 素材としてあまり魅力的では無かったのかも知れない。周回遅れの実験になりそうだが、新たな視点でやってみたいと思う。何かブレークスルーが見つかるかもしれない。(2013.3.18)

つづく)←続きにリンク