EX

2014年9月1日月曜日

【HAM】 HAM Fair 2014

【ハム・フェア 2014より】

【今年のハム・フェア】
8月の末はハム・フェアである。 今年も有明ビックサイトで開催された。 22日が準備で、23・24両日が一般公開日である。 土曜日23日に出掛けた。 例年、この時期は残暑が厳しいのが通例であった。 Getした重たいジャンク品を汗だくで運んだことなど思い出される。 ことしは雨模様もあって幾分過ごしやすかった。それでも蒸し暑くて、帰宅したら真っ先にシャワーを浴びずにはいられない。にぎやかな懇親会で時を過ごし、24時前に帰宅した。

ハム・フェアと言えば無線機メーカーの新製品発表が恒例だが、HF帯の旗艦機は既に出そろった状況なので、今年はこれぞと言う目玉は無いようだった。 アルインコのデジタル機は大幅なデジタル化とかで興味があったが、どうもチープな路線のようでパッとしなかったのは残念だ。あとは某社50周年記念の金ピカモデルとか、これもちょっと趣味が合わない感じだった。中身もいじってあるようだが金ぴかにする必要はあるまい。渋い燻し銀にするとか、よほど高級に思うのだが金色は大阪人の趣味だろうか。hi hi

もう一つ、「ハム・フェアと言えばジャンク市だろう!」と言うお方も多いと思うがネットオークション全盛の昨今にあってはどうもパッとしない。 リグ系、測定器系、部品系、アンテナ系のいずれも大したものが見つけられない。 記念になりそうな軽量小型でお値打ちの品などないだろうかと思ってぐるぐる回って探したが見つけられなかった。 遊ぶための素材もだいたいは揃ってるのだから食指が動かないのも無理からぬとも思う。私が欲しくないだけで、一般的に見てそれなりに良さそうなものは結構出ていたように感じた。

結局、私は買うものに困ってZilogのロゴも鮮やかな往年の銘CPU:Z-80の10個入り1レールをお土産にした。1992年第46週製造の終末期のZ-80ではないだろうか。(写真) まあ、使うことは99.9%ないとは思うが本家ZilogのZ-80はいずれ希少品になるかも?? i8008じゃあるまいお宝に化けはしないだろうねえ。(笑)

流石に超ポピュラーだったCPUだけあって、今でも作って楽しんでいるお方もあってネット検索でたくさんヒットする。 面白いなあと思ったのは、AVRマイコンとZ-80のコラボで昔懐かしいCP/Mを動かすプロジェクト。(→リンク)流石にフロッピーディスクの時代じゃないのでソフトはSDカードに移して読ませている。MBASICほか各種の高級言語が豊富に存在していたので何も無いほかのCPUより遥かに遊び甲斐がありそう。まだ読めるかどうかわからないが拙宅にもFortranとかCobolなんかのFDもあったはず。工夫すればまだまだ楽しめる素材のようだ。本家本元のZ-80でやったら乙かも知れない。

【24MHzの水晶発振器】
もう少し実用的なものもと言うことで、24MHzの水晶発振モジュールを購入した。 すぐに必要ともしていないが新品25個入りが500円だったので何かの時にでも・・と思って買っておいた。 たぶん使い切れずに死蔵品になりそうな予感がする。(笑)

ちなみに、DDS:AD9850のクロックに使うと消費電流を大幅に削減可能だ。クロックそのものが喰わないのとAD9850の消費もかなり減って、だいたい50mA以上少なくて済む。 もちろん、実用的な上限周波数はせいぜい8MHzになってしまう。ごく低い周波数の発生で済むなら十分使える。 125MHzクロックで消費電流過多で困ったなら使える手だ。 信号のきれいなクロック発振器だった。

                   ☆

ハム・フェアと言えば、やっぱりジャンクでしょ!・・・と言う声も聞くのでお土産をご披露してみた。 しかし、本当のお土産は皆さんとのアイボールにある。 クラブの会員さんがたくさんお見えになったので久しぶりのラグチューを楽しむとか、お元気な姿を拝見するだけでも良かった。 来場者と話し込んでいたらJH1FCZ大久保さんに声をかけて頂いた。会場に出てくるのもだんだん大変になったと言うお話だったが、お元気そうで何よりだった。

#写真はロシア製真空管6H7C(米 6N7GT相当):新橋で開催のQRP懇親会場にて石川さんに頂いたもの。B級pp用の面白い球。TKS ! JG1SMD

冷静に考えてみれば、すでに「モノ」は整理する段階にあるのだからそうそう目ぼしいものが見つかるはずも無い。 出来心から始末に困りそうな大きくて重たいガラクタジャンクを買い込まなくて良かったというオチにもなりそうだ。 楽しい思い出なら有って困ることも無し。 de JA9TTT/1

(おわり)