EX

2015年5月18日月曜日

【回路】Transistor Balanced Modulator, Part-1

回路:トランジスタを使ったバランスド・モジュレータ】

 【トランジスタでバラモジを】
 SSB送受信機でおなじみのバラモジ(Balanced Modulator:平衡変調器)と言えば、ICを使った物が人気だ。 古くはMC1496Gがあり、その後はSN76514NやSN16913P、国産ではTA7310PやTA7320Pがあった。そしてSA612まで様々なものがある。 しかし、その殆どが生産中止品になってしまった。

 では、IC-DBMを使う以外に方法はないのだろうか? もちろん、Quad-Diodeを使ったリング・モジュレータも良く知られているが、どうも人気がないように思う。入出力端子の終端インピーダンスが決まっていて、キャリヤ信号にパワーが必要といった「使いにくそう」な印象が敬遠の理由かもしれない。(実際はそうでもないのだが・・・)

 IC-DBMが品薄ならダイオードDBM(←別のBlogにリンク)をお薦めしたいところだが、トランジスタやFETを使ったアクティブ・タイプのバラモジがあるのを忘れてはなるまい。 ここでは、ちょっと珍しくなったトランジスタ式のバラモジを再評価してみた。 トランジスタ式は入出力インピーダンスに自由度があり、ゲインもあることからキャリヤ入力も変調信号も小さくて良い。これはIC-DBMの使い易さに通じるものだ。だからもっと着目しても良いと思うのだが・・・。

                    ☆

 このBlog、オンエア用の話題作りが目的ではない。口ばっかしで自作は一切しない人なんてお呼びじゃない。そう言う目的のお方は早々にお帰り願いたいものだ。逆に電子回路を作って遊んでみたい人はこの先も是非お付き合いを。(笑) 

【トランジスタ式バラモジのテスト回路】
 簡単に作れて性能が良く、しかも特殊部品を使わない回路を考えてみた。  バラモジで最も重要なのはキャリヤ・バランスにある。デュアル・トランジスタを使うことで平衡度を確保する作戦だ。

 ここでは往年の銘トランジスタ:2SC1583(三菱)を使ってみた。hFEランクはFである。 この差動回路になった上段のトランジスタに変調信号・・・即ち音声信号を加える。 下段のキャリヤ入力側トランジスタにはこれまた往年の銘トランジスタ:2SC372Y(東芝)を使っている。但し、沢山あったから使ったまでで2SC1815Y(東芝)でもOKだ。もちろん2SC945(NEC)や2N3904(Fairchildほか)なんかでも良い。

 IC-DBMと違ってバイアス回路が要るので外付け抵抗器が多い。それでもMC1496Gを使うと思えば同じか、やや少ないくらいだ。意外に簡単な回路で済むことがわかる。

 この回路はシングル・バランスド・モジュレータ(SBM)である。 DBM(ダブル・バランスド・モジュレータ)と何が違うのかと言えば、キャリヤ(搬送波)はバランスして出力に現れないが、音声信号(変調信号)の方はバランスしないところだ。Q1aとQ1bのコレクタ側に増幅されて出てくる。 しかし、それで支障はないのである。アウトプット・トランス:T1は高周波用であって低周波は通さない。従って低周波の音声信号は出力端子には現れてこないのだ。 この例のように9MHzのキャリヤ信号と低周波の音声信号のように周波数が離れていればDBMではなくても支障なくSSB送信機に使える訳だ。目的如何ではあるが、DBMではなくてSBMで十分なことが多い。

 【DSB出力】
 テストは9MHzで行なっている。 ブレッドボード製作では少々辛くなってくる周波数だ。 それでもこの程度のDSBは十分得られている。 40dB弱と言ったところか。キャリヤ・サプレッションもまずまずと言った感じなのはおわかりだろう。 GNDの配線が合理的にできる専用プリント基板や、ユニバーサル基板で製作すればキャリヤ・サプレッションは一段と良くなる。ベタGNDの基板上に作るのも良い。

 トランジスタのベース変調を基本とするため、幾らか変調のリニヤリティが悪い感じもするが、実際のところIC-DBMとさした違いは無いようだ。 キャリヤ入力も変調信号も100mVpp少々与えてやれば良いのでとても使いやすい。 例えば、マイクにECMでも使えば1石マイクアンプで十分変調が掛かる。 キャリヤの方も同じで簡単な水晶発振回路で十分だ。バッファ・アンプを付ける必要もないと思う。 トランジスタを使ったSBMをきちんと作ったことは無かったが、これは意外にイケル感じだ。

 【失敗は成功のもと】
・・・とは良く言ったものである。これは失敗作の方だ。何が違うのかと言えば、アウトプット・トランスが同調形式になっている。 その部分のみ上記回路図とは違っている。

 同調トランスを使うと(1)高調波の抑制などスプリアス特性が良くなる、(2)インピーダンスが高めになるので大きめの出力が取り出せる、などのメリットがある。 だから昔の回路例を見ると同調トランス形式になっているものが多い。 しかし、この形式で試作して思ったような成果が得られなかった人は多いのではないかと思う。 要するにキャリヤ・バランスがどうもうまく取れないのである。 キャリヤ漏れが多くてはバラモジ失格なので「使えない回路」と思ってしまうだろう。

 【アウトプット・トランスが肝】
 トランジスタの左右。即ちQ1aとQ1bのバランスが確保できるようにデュアル・トランジスタを使うくらいなので、アウトプット・トランスのバランスも重要なのである。

 実は、この部分が最も難しいのだ。 写真は東光の13Kと言うボビンに巻いたものである。 13Kは10Kと良く似た構造だが、外側の壷型コアがないのと巻き溝が大きくできているのが特徴だ。1次側と2次側の巻き線が緩く結合するトランスも作ることができる。 複同調型IFT向きと言った感じのコイル形式だ。 ずいぶん前に秋月電子通商(信越電機時代かも)で売られていたTV用のIFTジャンクと思われるものを改造して製作した。

 一つは2本をよじった線でバイファイラ巻きで作った。 もう一方は13Kコイルの構造を旨く使い、中点タップが維持されるよう巻き溝を交互に使う形式である。 これが良好な性能だったなら製作方法を詳しく説明するところなのだが・・・。

 平衡度についてよほど周到に考え、なおかつそれが実現できるような巻き方を実現しないと思ったような結果が得られないのである。 もちろん、そうしたトランスが作れない訳ではない。しかしけして易しくないのである。イイカゲンは通用しないから万人向きのコイル作りとは言えないのだ。 失敗作ではあったが、この部分が性能を決めることが良くわかったのは収穫であった。良く考察すれば「失敗は成功のもと」になる。(笑)

【フェライトビーズにトリファイラ巻きが良い】
 同調形式のアウトプット・トランスに未練も残るところだが、ここはあっさり写真の形式で行くことにした。 フェライトコア(フェライト・ビーズ)にトリファイラ巻きで製作する。既に多くの実績がある方法だ。

 この形式で作ったトランスの平衡度はかなり良好だ。製作のポイントは(1)透磁率:μの大きなコア材を使うこと、(2)巻き数はそこそこ多めにする、(3)巻き線は3本を良くよじったものを使う、(4)引出し線の長さも揃える・・・と言ったところだ。

 なお、透磁率:μの小さなTシリーズのトロイダルコアで、同調形式で行く方法もあり得るが、上の13Kを使った例と同じ問題に遭遇する可能性もあって得策とは言えないと思う。ここは平衡度のみを追求する方が製作は容易になる。(1)〜(4)を実現する方が良い選択と言える。 上の写真のDSB信号はこのトランスを使った例である。 このフェライトビーズは容易に手に入るから13Kコイルに巻くよりも普遍性がある。見ての通り巻き方も難しくなく、コストが安いのも有難い。 ここではわかり易いように3色を使ったが、単色の巻き線でも間違えないように結線すれは大丈夫だ。

 昔の設計でこうしたコアを使ったトランスの使用例が少ないのは、巻くためのコア材の入手が一般化していなかったからである。 μ(ミュー)の大きなトロイダルコアが手軽に入手できていたなら非同調形式のアウトプット・トランスも積極的に採用されていた筈だ。 今ではフェライトビーズ:FB-801-#43が通販で全国どこからでも手に入るようになっている。FTシリーズのトロイダルコアに巻いても良いのだが、フェライトビーズで代用すればお値段も数10円とお手軽だ。

 【デュアル・トランジスタでなくても】
 そうは言っても、デュアル・トランジスタなんか持っていないよと言われそうだ。 もちろんトランジスタの平衡度も大切だからデュアル・トランジスタを使うに越したことはない。 三菱電機の2SC1583は安くて良い石だったのだが既に生産中止品である。 オーディオ・アンプでの需要もあったのですっかり枯渇していている。

 しかし諦める必要はない。同じ型番のトランジスタで、hFEランクが同じものを2つ使えば十分キャリヤ・バランスがとれる。デュアル・トランジスタでなくても良い。 どちらかと言えば、アウトプット・トランスの平衡度の方が支配的なのである。 この写真のように同じ銘柄の石を2個使えば十分良い性能のバラモジが作れることがわかった。 もちろん写真のようなレトロな石ではなく高周波用の2SC1923や汎用品の2SC1815ほか、シリコンの小信号用なら大抵のものが使えると思って良い。(実はゲルトラでも作れる)

 万全を期したいなら、hFEを実測して選別し、良くマッチしたものを2つ見つけたら良いだろう。 まあそこまでしなくても写真のようにYなりGRなり、hFEランクを合わせてやれば実用上支障は無さそうだ。
 昨今はリード線付きのトランジスタは廃番ばかりになっている。リード付きデュアル・トランジスタの入手は難しいかもしれない。しかし表面実装用トランジスタには良さそうなデュアル・トランジスタがある。 直接専用基板に搭載するのが理想だが、455kHzはもちろん9MHzあたりのHF帯でも変換基板で十分行ける。選別の手間を省き、デュアル・トランジスタでやりたいなら試してみると良いだろう。調べたらROHM社のトランジスタに安くて良いものがあるようだった。

参考:デュアル・トランジスタ(2つの特性が良くマッチした2個入りトランジスタ)を使うのは温度の変化など環境の変化で個々の特性に違いが現れないようにするのが目的だ。従ってバラモジには有利だ。しかし実際に個別のトランジスタで組んでも十分使えるのも事実である。それが現実的な手法と言える。もちろん精神衛生重視や、理屈重視ならデュアル型を使うべきだ。

【オマケ】
 東芝のハカマ付きトランジスタを見ると「萌える」お方が多いそうなので、オマケ写真を付けておく。(笑)

 この形式のトランジスタは「Eパック」と言う組み立て方法で作られている。(製造工程の呼び方は各社で異なる) シルクハット型キャップを治具に裏返して並べ、キャップの穴にリード線の先にトランジスタチップが付いたものとエポキシ樹脂を挿入して固めるのである。今のTO-92型パッケージとはまったく違った組み立て方法で作られていた。シリコンのチップに機械的なストレスを与えにくい良い組み立て方法に思えるが、量産性では劣っていたために廃止されたのである。

 自作も長いので、こんな旧型トランジスタがまだたくさん在庫されているので積極的に使うことにしている。そうしないととても消費しきれない。カタチは旧式でも性能は十分なので困ることもない。もちろん、旧式をわざわざ探すまでもなく現行品トランジスタで代替して支障はない。安くて性能が良いトランジスタがたくさん登場している。

                   ☆

 バイポーラ・トランジスタを使ったバラモジ(SBM)はなかなか良さそうだ。 ありふれたトランジスタ3つで作れるのが良い。 かなめになるアウトプット・トランスも安価なフェライトビーズの活用で誰でも容易に製作可能だ。 IC-DBMのような使い易さが実現できるのでもっと採用したい回路だ。 昔々、同調トランス形で製作して旨く行かなかった人にもリベンジのチャンスだろう。 いずれSSBジェネレータの形に纏めようと思っている。

 生産中止になった部品を必死に求める人がおられるようだ。機器の交換修理用ならやむを得ないが、新規製作ならもう少し柔軟に考えては如何だろうか? ダイオードDBMも使い方しだいで扱い易くもなる。 あるいはここで紹介したような、トランジスタを使ったSBMでも十分な性能が得られることがわかる。ポイントをわかって製作すれば失敗することもないだろう。 姿を消したような部品を探し求めるよりも、回路の機能を理解して同じように使えるもので工夫したら良い。同じ機能実現の為の手段は無数にあると思うべきだ。de JA9TTT/1

つづく)←FETを使うSBMで作ったSSBジェネレータへリンク

2015年5月4日月曜日

【回路】FLT-U2 Sine wave Oscillator

FLT-U2と言うICを使った低ひずみ正弦波発振器
FLT-U2
またまた「部品が手に入らない!」シリーズ。(笑)

 FLT-U2と言うのはフィルタを作るためのICである。スイッチド・キャパシタンス・フィルタはまだ登場せず、OP-Ampを並べて組むにもアクティブ・フィルタはちょっと面倒だった時代に作られた。セラミック基板に作られたハイブリッドICで白いセラミックの蓋が被せてある。特定のユーザー向けではなくて一般市販部品であった。日経エレ誌やトラ技誌等でメーカーのPRを見掛けたがこのICはそれほど使われなかったように思う。

 フィルタ製作を容易にすることが目的のICだ。 しかし今どき次数の低いフィルタなど設計も製作も簡単にできる。 だからこのICは完全な遊休部品になっていた。 何かフィルタが欲しいときに無理して使ったとしてもさしてメリットはなさそうだ。 たくさん持っている訳でもないから積極的に消費を考える理由もない。そのまま遊休品でも良かったのだが・・・。

                    ☆

 ずいぶん長いこと部品箱に眠っていたものが整理中に発掘されたのでこの機会に試してみることにしよう・・・と言うことで、普通はご縁のない部品だろう。 今回も自家用情報を纏めた話しになりそうだ。 ただ、少し回路がわかるお方ならざっと回路図をご覧頂くと代替手段はいくらでもあることにすぐ気付くはず。 このFLT-U2を探すこともなく、まったく同じことは十分できるわけなのだ。そのあたりの情報もおまけしておいた。:-)

                    ☆

FLT-U2の内部は
 State variable Filter(状態変数型)と呼ばれるアクティブ・フィルタが手軽に構成できるよう便利に出来たハイブリッド構造のICである。 4つのOP-Ampのほかに、精度の良い1000pFのコンデンサが2つ、トリミングされている抵抗器が5つ内蔵されている。小さめのコンデンサ容量:1000pFで幅広い遮断周波数をカバーできるよう工夫された部品定数になっているのがこのICの特徴だ。もちろん1000PFでは足りないなら外付けで補える。 OP-Ampのうち1つは予備用であり、ノッチフィルタなどの応用に使えるようになっている。 各OP-Ampの電源は予備のOP-Ampを含めて内部で共通のピンに接続されている。 予備のOP-Ampを使わないとしても供給しないと駄目だ。

 既に過去のデバイスでありe-Bayでも丹念にウオッチすれば別だが普通は手に入らないだろう。 詳しく書いても仕方が無いが簡単な四則演算だけで低域濾波器(LPF)、高域濾波器(HPF)、帯域濾波器(BPF)の設計ができる。 遮断周波数やフィルタのQも簡単に求められる。 あとは計算値に基づいて外付けで抵抗器を数本選べば所望のフィルタの完成である。 ただしあまり高級なフィルタはこれ一つでは無理だ。 従って用途も限定的と言える。

可能なフィルタの特性
 言葉ではわかりにくいので、グラフで示しておく。

 このような3種のフィルタが得られるのであるが-20dB/ディケードもしくは-40dB/ディケードの傾斜なのでだいぶなだらかである。 要するに-6dB/octあるいは-12dB/octのなだらかなフィルタなのだ。 Qを大きく取ってやれば良さそうなものだが、そうなると通過帯域の端にピークが出来てあまり面白くない。従って今となってはHigh-Qなピークフィルタや、ごく狭いノッチフィルタに特化させた使い方くらいしか思い浮かばないのだ。

 この形式の類似フィルタは前にノートン・アンプ(←リンク)を扱った時にも登場している。設計が簡単なのは良いが、使うOP-Ampの数にしてはシンプルなフィルタしか作れないのが弱点と言ったところだろうか。 

低ひずみ発振器に使ってみる
 メーカーのアプリケーション・ノートの記述はあくまでもフィルタとしての使い方のみである。このICの目的からして当然だろう。発振器への応用など一切触れられてはいない。 しかし多くのフィルタ回路は少し回路を変更すれば発振器にすぐ変身できる。これはこのICに限ったことではない。

 左図はそのような考えから正弦波の発振回路に使ってみた例である。 FLT-U2はフィルタ用だから発振器に最適とは言えないところがある。外付け部品定数の選び方に工夫が必要だ。 さらに、できるだけ低ひずみな正弦波発振器を作りたいのでOP-Ampをもう一つ付け足すことにした。 わずかに歪が増えても良いのならFLT-U2の単独で発振回路を構成することもできる。

 内部の等価回路も含めて書いておいた。 IC内部の部品も含め全部を外付けパーツとし、同じ回路構成にすれば一般的なOP-Ampで作れるわけだ。FLT-U2がなくてもCRが数個増えるだけに過ぎない。 バイアス電流:Ibが小さいOP-Ampを使えばFLT-U2内部にあるr4とr5(それぞれ100kΩ)に相当する抵抗器は不要である。各In+端子は直接GNDに接続すれば良い。
 このように回路例では珍しいICを使っているが、代替手段があるから一般性があるわけだ。 実際、自分が次に作る時にはFLT-U2はもう無いのだから普通のOP-Ampを並べることになる。 OP-Ampを良く選んでやれば性能は同じかむしろ向上する可能性さえある。

 可変抵抗:VR101はひずみ率計やFFTアナライザがあれば入念に調整すべきだが、なければ中央の位置のままにしておけば良い。それでも十分低ひずみなはずだ。 オシロスコープで観測して、もし目で見て歪みがわかるようならR109(2kΩになっている)を1kΩに減じてみると良い。2SK246GRのバラツキで振幅制御が旨く掛からないことがあるのだ。 振幅制限さえきちんと掛かっていれば既にひずみ率は十分小さくなっている。 発振振幅はR110(2.2MΩ)で変えることができる。抵抗値を大きくすると発振振幅が小さくなる。但し10Vpp以下にしない方が良いと思う。5MΩで10Vppくらいだ。(この振幅調整の部分はこのような高抵抗を使わず済むよういずれ変更の予定・・・簡単にできるのだが)

試作状況
 外付け部品も少ないことから簡単に組み立てできる。

 使用したFLT-U2は非常に古い在庫品だったのでリード線の表面が錆びていた。 それで接触不安定が発生した。 最初それに気付かず経年劣化したのではないかと思った。

 帰還ループを切ってフィルタとして動作させ、ICの各ピンで信号の通り具合を見て追跡した。 その結果、信号が到達しない所があったので接触不良だとわかった。 どうやら保管状況が良くなかったようでリード線表面の酸化が進んだのだと思う。 足を磨いてやった後は順調であった。 幾つか部品定数を追い込んで概ね上記の回路図のような定数に落ち着いた。

FLT-U2の部分
 これを作ったメーカー:DATEL社は高性能なモジュール型A/D・D/Aコンバータなどを製造していた。以前は日本支社もあったが撤退したようである。 Date Codeは7832だから古さがわかる。(笑)

 比較的安価に高性能なモジュールを提供してくれる有難い会社だったが時代の波に飲み込まれ数回身売りされて転々とした。 日本では村田製作所がその事業の一部を継承しているらしい。 メーカーのサイトから過去の製品の情報は得られないようであった。 幸いネット上にデータ・シートがあったので助かった。 こうした機能が特化した電子部品は資料がなくてはまったくのお手上げである。

LF356H
 追加したOP-Ampである。 別段これに限る理由はないので、他のもので代替は可能だろう。 ただし、FLT-U2は±15V電源で使う前提だ。同じ耐電圧のOP-Ampを選ぶ方が良い。

 引出しから出て来たので使ってみたのだが、高速性は要求しないのでもっと消費電力の少ないOP-Ampに置き換えたいところだ。 LF356Hはいま見ても優秀なOP-Ampだと思うが±15Vで使うと発熱が多いのがちょっと気になる。まあ放熱器が必要な程でもないのだが・・・もちろん壊れはしない。

2SK246GR
 発振波形が歪まないように振幅を自動制御しなくてはならない。 それに使う電圧制御可変抵抗素子としてはJ-FETの2SK246GRを使ってみた。 2SK30ATM-GRでも良いのだが幾らかでも新しい品種でと言うことで・・・。こうしたデバイスもいずれ面実装品を使うことになるのだろう。IdssランクはYやBLでも良いが、部品定数の変更を要する場合がある。

 ひずみ特性に影響があって、J-FETにも幾つか候補はあるが2SK30と2SK246ならまずまずの性能が得られるので悪くない選択だと思う。 手持ちがなければ2SK192AやJ310なんかでも取りあえず使えるので試してみたら良い。多少悪化したとしてもオシロスコープで見てわかる程のひずみ率にはならない。 MOS-FETの2SK241とか2N7000(要回路変更)などは使えなくもないのだが、こうしたデリケートな低周波回路にはやめておいた方が良い。なるべくJ-FETを使うべきだ。一時の間に合わせならともかく、良い性能を目指すなら適材適所で行くべきだ。

きれいな正弦波
 オシロスコープで見ても「とても奇麗なサインウエーブ」としかわかるまい。純正正弦波の教科書的な波形と言ったところだろうか。(笑) 発振振幅はある程度任意に加減できるが、アンプノイズとの関係から大きめの方が良いようである。あまり絞ってしまうと残留ノイズとの関係でひずみ率が悪く出るようになる。

 ここでは22Vppで発振させているが、±15Vと言う電源電圧から考えてこの程度が最大と思った方が良さそうだ。

 周波数安定度は外付けの抵抗器:R102とR103、さらにはFLT-U2に内蔵の1000pF(2個)に依存する。 FLT-U2の内部コンデンサは良い物が使ってあると思う。 外付け抵抗器はせめて金属皮膜型の1%誤差で温度係数が小さいものを使いたい。 なお発振周波数をもっと低い方・・例えば100Hz等に変更するなら内蔵の1000pFを補うだけでなく、振幅制御ループの時定数を決めているC101とC102の値も再検討せねばならない。 発振の上限周波数は内蔵するOP-Ampのスルーレートで決まってくる。FLT-U2では可聴域が限度だ。

波形ひずみ測定
 回路図に書いてある計算式よりも2〜3Hz低く発振した。部品の誤差とストレー容量に原因がある。 R102と R103を微調整すればちょうど1kHzの合わせることが出来る。どちらか一方の抵抗だけで加減しても大丈夫な範囲と思う。 もちろんR102とR103は同じ値になるよう調整した方がより良い。 サイン波とコサイン波を同時に取り出したいときはR102とR103をよくマッチさせた方が良い。もちろん内部のコンデンサのマッチも必要なのだが・・・。

 ひずみ率は0.0012%くらいなので、測定している環境など考えるとそろそろ限界に近いことろだ。 特別に「低ひずみでローノイズ」とは言えぬフィルタ専用のIC:FLT-U2を使った割にはかなり好結果が得られたと思う。回路がコンパクトに纏まっているのは有利なのだろう。 データシートによれば中身のOP-Ampの種類はわからないがアナログ回路用に吟味したものを使っているようだ。使っているのはノイズが10nV/√Hz以下、GB積は3MHzの高性能OP-Ampだそうである。今ならこの程度はごく平凡なものと言えるが1970年代にどんな種類のOP-Aampを内蔵したのだろうか? (開発年代や種々のパラメータから私の推測ではRC4558またはその選別品ではないかと・・・)

 FLT-U2と類似の回路は個別OP-Ampと精度の良いCRを集めればそのまま製作可能だ。 いまはローノイズで低ひずみをセールスポイントにする非常に性能の良いAudio用と称するOP-Ampが登場している。LME49720NAやLM4562NAなどこのような用途にはうってつけだ。ちょっと下がってNJM4580やLM833あたりでも十分かもしれない。1000pFのコンデンサはQが高く温度特性も良好なスチコンかディップド・マイカを使おう。もちろん実測して2つを良くマッチングさせる。

                    ☆

 何時か使おうと思って集めた部品も様々な事情から忘れられてしまうことがある。 FLT-U2はフィルタ設計が簡単ではなかった時代には重宝だった。 今ではコンピュータ設計や回路シミュレータが一般化してフィルタ専用ICの価値は下がってしまった。 もう使うこともないだろうと思っていた部品であった。 たまたま低ひずみ発振器の回路が頭の隅にあったので活用を思いついたようなものだ。 回路をわかっている人の目で見たら発振器にできて当たり前なのだが・・・。

 それでもこのくらいの低ひずみともなれば、実際にやってみないとわからないところは多い。机上の検討だけで済むもんじゃない。ひずみの多い発振器にフィルタで対処など机上アイデアなのはやってみたらわかるから・・・。最初っから奇麗な発振をさせるのがベストだ。 まあ、こんなBlogなんかいくら眺めていたところで貴方に本当のことなどわかるはずもない。想像で語ってる他人の意見など何の役にも立たず。まずは画面を離れて自身の手を動かすことだ。

 状態変数型フィルタを使った発振回路は設計が簡単になるような部品定数が選ばれるのが普通だ。 FLT-U2を使おうとすると厄介な部分があって少し工夫が必要であった。フィルタとして使い易く工夫された部分が発振回路には少々不都合なのである。 幸いうまく解決できたので好結果が得られた。 これで概ね発振回路として確立できたと思っている。 FLT-U2も低ひずみ発振器用のICと考えれば新たなニーズも生まれてくる。もう何個かあったなら・・・などと思ってしまった。 ここは一つしかないからスポット周波数の発振器の製作になるのは仕方あるまい。de JA9TTT/1

☆関連があるBlogにリンク:
1・低ひずみ正弦波発振→ここ
2・ウイーン・ブリッジ発振回路→ここ

(おわり)

☆実験やBlog作成にあたり参照した情報:
(1)はじめてのトランジスタ回路設計、1999年5月1日初版、黒田徹、CQ出版社、ISBN4-7898-3280-5、¥2,500−、絶版だがCD-ROM版あり(¥1,903-)
(2)OPアンプ活用100の実践ノウハウ、1999年8月1日第2版、松井邦彦、CQ出版社、ISBN4-7898-3281-3、¥2,100-:絶版
(3)OPアンプによる実用回路設計、2007年2月1日第4版、馬場清太郎、CQ出版社、ISBN978-4-7898-3748-4、¥2,800-:販売中
(4)発振回路の完全マスター、昭和63年9月20日第1版、稲葉 保、日本放送出版協会、ISBN4-14-072035-2、¥1,900-:絶版
(5)FLT-U2 Micro-electoronic Universal Active Filter、DATEL社、仕様・取扱説明書

ほか、各社の半導体のデータブックなどを参照。 アナログ関係の良書が絶版ばかりなのは残念。