EX

2012年10月28日日曜日

Do Androids Dream of Electric Apple? , part 1

アンドロイドは電気林檎の夢を見るのか?

iPad mini
 7インチが出そろってタブレットPCが賑やかだ。
Book Readerとしてはamazon.comのkindleが数年先行しており、拙Blogでも3年ほど前に扱ったことがあった。(→リンク) ただ、それはあくまでもBook Readerであって、タブレットPCではなかった。

 「つかえる」タブレットPCとしては、AppleのiPadまで待つ必要があったようだ。

 ユーザーインターフェースが洗練され、マルチタッチ式パネルの採用で、指先で簡単に画面のスクロールやズーミングができるなんて、タブレットPCにうってつけの仕組みだ。 それまで誰も本格的に採用していなかったのだからAppleのユーザーインターフェースに対する意気込みを感じる。 そして先日iPad miniが登場し、大き過ぎて高価すぎるタブレットPCもより身近になってきた。 いよいよこれを買おうか?


Nexus 7
  android OSは無償で使える汎用OSとして、googleが開発している。それを採用したタブレットがついにgoogle自身から登場した。本家・本元のandroid Tabletと言う訳だ。

 iPadはAppleのiOSを採用している。しかし、それは自社製のタブレット或は自社のスマホ:iPhone専用である。
 それに対してandroid OSは誰でも使えるので、すでに様々な情報端末に採用されてきた。 そして、今ではタブレットPCに必要な機能が標準的に搭載されている。
満を持して、google自身が作ったのがNexus 7である。 販売はgoogleが行なうが、製造元はASUS TeK Computer Incだという。 なかなか本気そうなスペックである。

まっとうな考えなら、上の iPad miniを買うか、このNexus 7が良いだろう。 他にやっと日本にも登場したamazonのkindle Fire HDも良さそうなのだがBook Reader以外の使い方には制限がありそうだった。 amazon.jpにべったりな使い方なら良さそうなんだが・・汎用タブレットとしてはiPadかNexus 7が良さそうだ。

                ☆ ☆ ☆

中華Pad
 DDSモジュールでもそうだったが、「中華もの」はいま一つ信頼に欠けるところがある。 しかし、非常に安価であって、こうしたタブレットPCの世界でもそれは同じだ。

 OSは無償のandroid OSが採用されている。 少なくともOS費用は不要なのでその分だけ安い筈だ。 それでも、この破格のお値段には興味を感じざるを得ない。

 機能・仕様はNexus 7と比べてほぼ同等かむしろ優れた部分さえもある。 直接比較できるNexus 7の半値以下とあっては「ダメもと」で試して見る価値は大いにありそうだ。 それで、さっそく買ってみた。 他に32GBのmicro SDHCメモリカードも同時購入しておいた。本体に装着して本体8GBにプラス32GBの容量拡張ができる。

momo9
 「中華Pad」と言われるandroid Tabletは非常に沢山の製品が売られている。 比較サイトができている位で素人には選択に困るほどだ。

 その中から、上記のmomo9と言う製品を選んでみた。 情報が多く総合して自身である程度までなら対処可能そうに思えたからだ。 要するにリスクは自身でとる覚悟で安価な「中華もの」に手を出す訳だ。(笑)

 簡単な梱包で届いたのはこんな箱に入ったandroid Tabletだった。 おそらく、7インチタブレット用に標準で売っている箱に詰めているのだろう。 箱にはブランド名も型番も書いてない。

momo9:出してみる
 箱を開ける。
半透明で薄い保護袋に包まれた本体が現れる。 外観形状も他社パクリ品を含めて規格統一なのだろうからハコも標準化できる訳だろう。

 本体には表・裏ともに保護フィルムが貼られた状態で送られてくる。 あまり上等とは言えない保護フィルムだが、取りあえずそのまま使うのに支障はないようだ。 剥がさずに使うことにしよう。 なお安い保護フィルムは貼ったままにすると剥がしたとき糊が移ることがある。

momo9:これで全部
 箱に入っていたもの全部である。

写真で本体下のドキュメントは、簡単な説明書だけが日本語である。 英語の小冊子はandroid Tablet用の汎用品らしい。

ほか、右のケーブル類が入っている。


 
付属の説明書
 小冊子は汎用品らしい。

このバージョン(4.0.3)のアンドロイド・タブレット共通に使える内容になっている。 取りあえず、必要そうなことは書いてあるようだった。

 これの翻訳版はWebに上がっているが、使いながら理解してしまえる程度のざっとした内容だ。

付属品
 付属品はこれだけ付いている。安い割には立派なものだ。

AC100V用5V2Aの充電器・ACアダプタ、USBケーブル、TVに繋ぐHDMIケーブル、OTGケーブル、それにステレオ・イヤフォンである。
 この充電器は軽量なスイッチング.タイプである。PCからUSB経由で充電すると非常に時間が掛かるので実用的でない。

 それぞれビニル袋に入っていたが、出して並べてみた。 OTGケーブルと言うのは、android TabletにUSBメモリを読み込ませるときに利用する。 ケーブルが標準で付いているのは有り難いと思う。 購入したものはUSBマウスが使えるのはもちろん、USBメモリもそのまま読むことができた。

説明書と注意書き
 和文の注意書きは、この商品の性質が説明されている。 簡単に言えば、初期不良には交換に応じるがあとは知らないと言ったところだろうか。

 出荷前に簡単なテストはしているようだが、一般に中華Padの不良率はかなり高いらしい。 本気でマトモなメーカーなみの保証をしていたら商売にはならないだろう。

 ハズレを引いた場合は騒いでもしょうがないので、素直に諦めるのが精神衛生上は宜しいようだ。何せ破格に安いのだからやむを得ない。(笑)

起動させる
 正確に言うと、購入した状態では完全Power OFFの状態になっている。

 本体を横長に持って、右上にあるパワーボタンを長押しすると、起動が始まって暫く起動画面が流れる。 その後、左のような画面が現れる。(最初、時刻は合っていないかも知れない・簡単に直せる)

 これ、重要なことなんだが、こうしたタブレットPCは、使い終わったらレジューム状態(一種の待機状態)にしておくのが普通らしい。 完全にパワーオフしてしまうパソコンとは使い方が違うのだ。 レジューム中の待機電力もわずかで済むようにできている(らしい)。 従って次の起動ではほんの数秒で使用可能な状態に立ち上がる。これはたいへん便利な使い方だ。 OSの起動を待つなんてナンセンスにさえ感じてしまう。

 レジューム状態にするには本体右上のボタンを短く押す。 次の再起動も同じように、右上のボタンを短く押せば良い。

ロック解除
 起動したら、鍵のマークの部分に指先を当てて右にあるロック解除のマークのところまでスライドする。 これでOKだ。

 良く説明を読めば良いものを、最初は何も読まずにやってたらこんなつまらん部分でつまずいた。 ロックが解除できなくて次の画面に進めなかった。(笑)

デスクトップ
 パソコンで言うところの、デスクトップ画面だ。 デスクトップの壁紙は幾つかお仕着せのものがあって、それから選択できるほか、自分の写真も使える。 なので、各人で背景の写真は異なるだろう。これはお仕着せで入っていた物から選んだもの。

 また、デスクトップにおくアイコン・・・正確にはwindowsで言うところのショーカットアイコン、Macで言ばエイリアスに相当する物が並べてある。 これはこのあと出てくるアプリの一覧から常用したい物だけをディスクトップに並べておく。(これは好みで) ここに表示されたアイコンをタップするとすぐ起動できるから便利だ。

アプリ一覧を見に行く
 デスクトップ画面の右上に、6つの四角いドットが見える。

 この部分を指でタップすると、アプリの一覧を表示する画面が現れる。(次の写真)



アプリ一覧・1
 このタブレットは元々中国市場向けなので、最初から入っているアプリは中華アプリだったらしい。

 しかし、輸入したお店の方で日本語化した際に、日本のユーザーで一般的と思われるアプリをインストールしておいてくれる。意味不明な中華アプリも削除済みになっている。

 その状態で手元に届く訳だ。 写真には幾つか自分でインストールした物も含まれているが大半は買った時に入っていた物である。 なかなか良さそうなアプリが入っていた。 おまけにroot化してあり、super user化もしてある。 初心者には危険かも知れないが、それらはいずれ必要なことだ。 この画面でアイコンをタップすれば各アプリが起動する。

アプリ一覧・2
 指先でスルスルッと画面を左スクロールすると続きが見られる。前のアプリ一覧写真でわかるが、google playストアやPlayブックから購入できるように「フルマーケット化」されているので日本で使うのに支障ないよう考慮されている。

 なお、google play storeには有料・無料あわせて60万種類以上のアプリがあると言う。 多くはandroid携帯用らしいが、かなりのものがタブレットでも使える。 もっとも、Appleと違って審査はゆるゆるだから玉石混淆であり、個人情報を抜くのが目的のようなアプリもあるので要注意だ。無料ゲームの類いやユーティリティ系が危ないそうだ。良く確認してインストールしたい。

 もしも、中国に行った時、現地で購入すると当然のことながら日本語フォントすら入っていないのでまずは日本語化やフルマーケット化など設定替えをしないと使い物にはならない。相応の知識は必要だ。そう言う意味で日本の業者から買う意味はあると思う。それに例のAliexpressでも調べて見たが、中国直接でもそれほど安くはなかった。

 ほか問題があるとすれば、Wi-FiやBluetoothと言った無線関係が日本の技適を取得していないことだ。 これを大っぴらに使うと電波法違反になる・・・と言う訳で、表向き私は有線LANで使うことにしておく。(爆) 2.4GHz帯の標準的な物なので実害はないとは思うのだが・・。

              ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 タイトルの『Do Androids Dream of Electric Apple?』と言うのは、Philip・K・Dickの有名なSF小説『Do Androids Dream of Electric Sheep?:邦題・アンドロイドは電気羊の夢を見るのか?』から頂いたものだ。映画「ブレードランナー」の原作と言った方がお馴染みだろうか。 しかし、Blogとストーリーとの関連はまったく無いので悪しからず。 なお、小説ではタイレル社が作った最新アンドロイド(=レプリカント)はNexus 6型である。そしてGoogleが作ったandroid TabletがNexus 7型と言うのは、もちろんそれを意識したネーミングに違いない。

 では、安価なアンドロイド・タブレットはAppleの電気林檎:iPadの夢を見ることができたのだろうか? 続編ではそのあたり、実際に使った感触などを交えたいと思う。

                  ☆

 数年前に米amazon.comのBook Reader『kindle 2』を購入したことがあった。電子書籍は未だ日本進出前ではあったが、PDF化したドキュメントが読める、起動が素早い、長時間バッテリ動作ができる、コンパクトで軽量である・・などの特徴から使い始めた訳だ。(その顛末は→こちら

 そこには早々に日本のamazon.jpがkindleに対応し、正式に日本語化がなされ日本の書籍も買えるだろうと言う期待もあったのだった。 しかし、何年も待たされ、やっと先日になってアナウンスされた。 しかも年月の経過でハードウエア/プラットホームは大きく様変わりしてしまい、実現した時には古い機種のサポートは切り捨てられてしまった。(大きな被害は無いがちょっと残念)

 当時の情報プラットホームすなわちkindle 2の性能は未だ中途半端な物であった。少なくとも日本で使うには満足できない部分があった。モノクロで反応の遅いe-Inkを使った電子ペーパー・ディスプレーだからネットへのアクセスはほとんど実用性が無かった。 最近になって、仕様を見ていたらandroid Tabletならそれを越えられるように感じた。 もちろんAppleのiPadなら間違いないだろう。 しかしお値段のことは別としても排他的なiPad miniの仕様・仕組みには少なからず気になる部分があった。 そこで目的に対して十分そうなら安価な中華タブレットも良かろう、試す価値は十分ありそうだと踏んだのである。 de JA9TTT/1

つづく)←リンク

12 件のコメント:

T.Takahashi JE6LVE/JP3AEL さんのコメント...

iPodmini発売前に7インチタブレットデビューですね^^
僕はiOSしか使ったことが無いのでAndroidには興味津々です。
ただ中華PadはAndroidのアプリと同じく玉石混ですから冒険したくなければNexus7が間違いないのでしょうねHiHi

TTT/hiro さんのコメント...

JE6LVE/3 高橋さん、おはようございます。

さっそくのコメント有難うございます。
> 7インチタブレットデビューですね^^
図らずもそうなりました。(笑) 前から興味はあったのですが、それほど必要も感じなかったのです。

> Androidには興味津々です。
もっとダメな物かと思っていたのですが、マズマズ使い物になるようですね。

> Nexus7が間違いないのでしょうねHiHi
「安心」の分の代金だと思えば高くはないでしょうね。十分お買い得な価格だと言えます。

続きもお楽しみに。(笑)

JH9JBI/1 やまもと さんのコメント...

おはようございます。

 使用1ヶ月ぐらいでしたでしょうか。私はNexus7を2ヶ月ぐらい使用して、ようやく価格急落のショックから立ち直ってきましたHi。
 タブレットだと場合により画面を縦・横のどちらでも使えるようにセンサーがついていることが多く、最近のOSアップデートで基本画面の回転が行えるようになりました。これはタスクの切り替えの時に回転させなくて良くなって便利になったと思います。ただ、ジオメトリが変更されているのが混乱するのか、いくつかのアプリケーション(回転に不対応)がレジュームからの復帰時にメインタスクになっていると再開に失敗する症状がでてきました。開発時の仕様と違うから仕方ないとはいえ、発展途上の感は残ります。
 どうせ、OSが違う・リソースが足りないの理由でノートパソコンのように移動中にプログラムを開発とか、文章を作成とかはしないものと割り切っていますが、mailの返信なんかでは文章を書くわけですから、引用が簡単に出来ると(文の範囲指定)良いのにと思います。コピー用の範囲設定モード移行のキーがあればなぁと何度思ったことか・・・

TTT/hiro さんのコメント...

JH9JBI/1 山本さん、こんばんは。 先ほど帰宅しました。今夜は奇麗な十三夜の月ですね。

コメント有難うございます。
> 私はNexus7を2ヶ月ぐらい使用して・・・・
そう言えば、もう二ヶ月くらい前からお使いでしたね。Nexus 7を国内発売前に入手されたのですか・・・。 こう言ったデジものは価格下落や性能向上が著しくて待っていたら何時までも買えません。 早く買ったらいっぱい使って使い倒すのが一番だと思います。(笑)

> 再開に失敗する症状がでてきました。
ランドスケープモードにして自動的に画面回転しない設定で使ってますが、取りあえず支障ないです。 自動的に縦画面に切り替わるアプリもあるのでそれはそれで・・・。(笑)

> 作成とかはしないものと割り切って・・・
そうですね。 既に出来上がっているコンテンツの表示や閲覧用のデバイスと割り切らないと不満が出ます。

> 引用が簡単に出来ると良いのにと思います。
K-9と言うメーラーはそれらしいことができるようです。playストアにありました。 無料アプリですからお試しになっては如何でしょう?

ずいぶん使い易くなったと思いますが、マンマシンインターフェースは更に改善されて行くのでしょうね。

JG6DFK さんのコメント...

こんばんは。

何やら面白そうなオモチャを入手されたようで何よりです。原産地がアレなだけに、この先致命的なトラブルが発生しないことをお祈りします。

手元にあれば何かしらの使い道が見つかるのかもしれませんが、今のところタブレット端末には食指が伸びません。ネットブックはホコリをかぶっています。新しい取引先との打ち合わせで最初の何度かは持っていきましたが、メモで事足りると確信してからは持っていかなくなりました(笑)。

タブレット端末の快進撃にMicrosoftはかなり焦っているようで、ご承知のように中途半端なアーキテクチャのWindows 8を投入してきました。たぶん、ただでさえMac使いが多いクリエイターのWindows離れがこれでさらに加速することでしょう。

Windows 8はタッチ操作を最大の売りにしているようですが、デスクの大画面でどうやってタッチ操作をしろと? タッチ操作でどうやって図面を引けと!?(爆)

最新アプリからはそろそろ見放され始めていますが、私はもうしばらくWindows XPで粘ります。いや、そろそろMacに乗り換える時期でしょうか。あちらの陣営はユーザーのニーズ(棲み分け)をよくわかっているようなので(笑)。

そもそも、タブレット端末メインのユーザーが今さらWindowsなんて使うかい! それはさておき、Windows XP ~ Windows 7のユーザーを対象にWindows 8のバージョンアップ版を早速「投げ売り」しているのには笑えます。

TTT/hiro さんのコメント...

JG6DFK/1 児玉さん、こんばんは。

コメント有難うございます。
> トラブルが発生しないことをお祈りします。
使い始めて3日の壁、1週間の壁、そして1ヶ月の壁があるそうです。それを無事に乗り切れば1年くらいは何とか。(笑) まあ、1年使えればオモチャとしては安いものですね。hi

> 中途半端なアーキテクチャのWindows 8・・・
Windowsと言う名前をつけたかったのだと思いますが,キーボード付きPC用のOSとタブレット用OSは分けても良かったのではないかと思います。あとはOSやアプリ間でファイルの互換性さえあれば良い訳ですからね。

> タッチ操作でどうやって図面を引けと!?(爆)
同感です。 使い方が違うものを、一緒にしたらロクなことにならないと思うのですが・・。

>もうしばらくWindows XPで粘ります。
Win-XPはパソコン用OSとしては良くできていたのでしょう。だから今でも使われている訳ですから・・・。 まだまだ使いましょう。(笑)

> 早速「投げ売り」しているのには笑えます。
タブレット用OSでは完全に出遅れていますから、何としても使ってもらおうと言う戦略なのでしょうね。 OSが衰退してはMSオフィス系のソフト販売にも大きな影響が出ますから。

これからはコンテンツ作成に使うパソコンと、できたコンテンツを消費するタブレットに別れるのでしょう。 OSやアプリもそれぞれ特化した方が合理的な物になる筈です。 私もMac上で作ったファイルをUSB経由でandroid Tabに送り込んで見ていますよ。

仲野 直裕/JI1HVI さんのコメント...

加藤さん、今晩は

私も、携帯端末としてではなく、「インターフェース」に出ている表示・制御用として欲しいなと、思って、2,3週間前に秋葉原に探しに行きました。

見つけた場所は、ラジオ・デパート1階の突き当たりの店で、”7千円を切る(6,980円)”でした。まだ、購入してません。

でも、iPad miniは、高過ぎると思うのですが。私だけでしょうか。

それでは、また

JI1HVI 仲野 直裕

TTT/hiro さんのコメント...

JI1HVI 仲野さん、おはようございます。

コメントありがとうございます。
> 表示・制御用として欲しいなと・・・
Bluetoothでデータを送って表示するといったワイヤレス表示機の用途もあるようですね。 なかなか良いと思います。

> ”7千円を切る(6,980円)”でした。
非常に安い機種も出ています。用途しだいではないかと思います。 いずれにしてもすぐ陳腐化しますので旬のうちに使い倒すのが一番かと。(笑)

> iPad miniは、高過ぎると思うのですが。
高めの価格設定はAppleの戦略です。サポートなどモノ以外の価値も考えると不合理ではないかも知れませんね。(私も高いと思いますけれど・笑)

FBなタブレットを入手されてください。

ja8czx/michi さんのコメント...

加藤さん、皆さんこんにちは
ja8czx/michiです

ちょうどWiFiタブレット端末がほしいと思っていたところで、私にとってはとてもタイムリーな情報です。
先般の中華DDS以来、お隣のこのごろあまり仲のよろしくないお国のモノにはまりかかりました。
安かろう悪かろうも多々あります、最近も還暦過ぎでまだ辞められない球蹴りボールを試しに購入しましたが、空気漏れでだめでしたhi。
クレームも面倒だし、何せ20ドルしないモノでしたので、勉強代と思ってあきらめました。
加藤さんがGetされた品は良さそうですね、同じ製品と思われるものが60ドル未満でありますね、これも試そうかと考えております。

また情報をお願いいたします。では、また

TTT/hiro さんのコメント...

JA8CZX 矢北さん、こんばんは。

コメント有難うございます。
> WiFiタブレット端末がほしいと思っていたところ・・・
このところ、タブレットPCの話題で賑やかです。良い物が出そろったように思っています。 FBな物を入手されて下さい。

> 空気漏れでだめでしたhi。
徐々に品質も向上するとは思いますが、今のところ怪しい品も多いですね。安いのは魅力なんですが・・・。

> 同じ製品と思われるものが60ドル未満であります・・
直接中国から購入された場合は、日本で使い物になるよう自力でセットアップをする必要があります。十分にご研究の上でチャレンジされて下さい。

ちょっとしたwebの閲覧とか、PCを立ち上げるまでも無いような用途には重宝すると思います。逆に、難しい目的・用途には向かないと言うことですね。

jn3xby@岩永 さんのコメント...

TTT 加藤さん、こんにちは。
いつも亀レスですみません。
加藤さんに、最初の使い方まで解説していただければ中華Padも安心でき、ファンも増えるのではないかと思います。
iPhone、iPadのみならずAndroidタブレット用にもハムのアプリも結構出てきていますから、1万円以下で買えるタブレットなら試してみようかと思われる方も多いのではないかと思います。
当局も、ガジェットマニア(単なる蒐集?)の部類に入るのかもしれませんが、過去のCQ誌やトラ技など雑誌の類を自炊(PDF化)して閲覧用に使用しています。
iPadminiが昨日から発売になりましたが、機能時点で在庫があるようです。最近んのiPhoneの予約待ちとはちょっと違って、NEXSUS7や10、中華Pad等、価格も安いし、選択肢も多いので様子見の人も多いのではないかと思います。

TTT/hiro さんのコメント...

JN3XBY 岩永さん、こんにちは。

コメント有難うございます。
> 中華Padも安心でき、ファンも増える・・・
コンテンツの閲覧用としてサブに購入されるのだと思います。 そうなると実用範囲で安価な物で十分だと言うことになりますね。中華Padはそうした目的にうってつけだと思っているのです。(笑)

> ハムのアプリも結構出てきています・・・
利用者が多くなればどんどん出てくるでしょうね。今のところ、無料版のアプリはちょっと寂しい感じでした。hi hi

> 自炊(PDF化)して閲覧用に使用しています。
私もこの目的が大きいです。 32GBのSDHCメモリを追加してありますので、高画質で取込んでも相当の分量が入りますね。やや画質を落とせば、数10年分の雑誌が丸々入る感じです。

32GB/SDHCメモリもamazonで1500円ですから安くなったものですね。

> 様子見の人も多いのではないかと思います。
そうですね。 こうしたデジ物は日進月歩なので待つほど良い製品が出て来ます。 しかしそれでは何時までも買えないので実用程度に進歩したら利用を始めるのが良いと思っています。

中華Padはおおむね及第点ですね。1万円以下ですので、数年使って買い替えれば良い訳です。データはそのまま活きますので乗換も簡単です。(笑)